FC2ブログ
Entry Navigation

おすすめCD lostage/GO

みなさん こんにちは★

連休が始まりましたね(16日連休の方もいるようで)。
ちなみにビジャストはカレンダー通りです。

さてさて。
私がミラクルダイヴをしたときに聴いていたlostageが
ちょっと前にニューアルバムを発売しました!!

lostage/GO

最近曲調が変わった?
聴きやすい感じがしたのですが(スキ・キライはおいといて)。

初めて聞こうとする人にはいいかも(そうでもない?)

歌詞カードのデザインがステキでした


社会人になってから、
テレビをみる時間が少なくなりました。
音楽番組もあまりみなくなりましたねぇ。

最近の流行のお歌がさっぱり思いつかない。


マチナカの人をみていると
iPodなど、すっかり音楽を聴くマシーンはMP3プレーヤーですね。

自分はポータブルCDプレーヤーです。
違う人の歌が聴きたいときは
いちいちお皿(CD)を入れ替えるのです。

なので、当然、
聴きたい曲・欲しいCDも
CD屋さんに行って、CDを買います。

インターネットでダウンロード、
そのやり方は触れたことがありません

ジャケットとか歌詞カードとか
やっぱり欲しいからね。
自分はしばらくこのスタイルですな。

でも、iPodかわいくて
ちょっと欲しいw





★ランキング参加中★

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
スポンサーサイト



30
2009
comment
0

おすすめサイト『ほめられサロン』

みなさん こんにちは。
今日も肌寒いですね。
4月も終わろうとしているのに、さむさむです。


今日はおすすめサイトのご紹介。
『ほめられサロン』
名前と性別、職種を選択するだけで
ものすごい量のほめ言葉が嵐のように、、、★

(音が出るコンテンツなので、周りの迷惑にならないように気をつけよう!)

子供のころはご飯を残さず食べたからとほめられた。
社会人になると日常生活においてほめられることは稀です。
プログラマーがどんなに素晴らしいコードを書こうが、主婦がどんなに美味しい食事を作ろうが感謝される機会はごくごく少ないのである。
そこで私たちは裏方さんを中心にいつも頑張っているあの方たちへ感謝の気持ちをコンセプトにこの「ほめられサロン」を制作しました。



ブログパーツもあるので、
ブログをやっている人は使ってみては?


自分の周りで頑張っている人に「ありがとう」を伝えられる人になろう。
自分の仕事ができるのは、
実はいろいろな人が助けてくれてるんですよね。

見えないところで
知らないことで
何気ない行いで

いっぱいいっぱいありがとう。

社内のみんなも
社会のみなさんも
ありがとう!!




★ランキングはどうなったかなぁ★

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

数学、好きでした?

風が強い麹町からこんにちは。

3連休はいかがでした?
(仕事で連休なんて無かった? お疲れ様です。)


自分は家族とかなり派手なけんか(というより、自分ひとり騒いで傷つけた感じ。)をして、
その勢いで部屋の片付けをしてました。
ひたすら切り刻んだり、まき散らしたり、、、
、、、自己嫌悪。


そんなんで部屋をひっくり返していたら1冊の本を発見。



本を紹介する前に、、、

13 で割ったら 1/3 ですね。

1/3 = 0.33333333... と、難しくて退屈な会議のように延々と続きます。
では、この 0.333333333...3つ分 っていくつでしょう。

0.99999999999......
そうです。
1 にすごく近づくんですが、1 ではないんですよね。

でも 1/3 3つ あると
1/3 × 3 = 1

このミラクルに胸きゅんしたい貴方におすすめ本を発見したのです。




私は数学が大嫌いでした。
全然わかんない。解けない。
赤点なんて毎度のことで、答案用紙に向かっている時間は15分くらい。
中学の数学の成績は5段階評価の 2 でした。
(嫌いということで授業態度も悪し。故に、2)

高校3年生になり、数学の授業が週6時間というミラクルな毎日を過ごしていた時のこと。

数学の先生が『教科書終わったから、本でも』といって
履修していたみんなで買ったのが
数の悪魔―算数・数学が楽しくなる12夜

この本を発見した(再会した)のです。

数の悪魔―算数・数学が楽しくなる12夜 著:ハンス・マグヌス エンツェンスベルガー
算数や数学なんて大きらい!そんな少年ロバートの夢のなかに、夜な夜な、ゆかいな老人「数の悪魔」があらわれ、真夜中のレッスンがはじまる。1や0のマジック。ウサギのつがいの秘密。パスカルの三角形。ホップする数や席がえの話。旅するセールスマンの問題…。だいじょうぶ。ここは夢の教室で、先生は数の悪魔。数学なんてこわくない。数の法則が目からウロコが落ちるようにわかるのだ。12夜にわたって、悪魔といっしょに、はてしなく不思議な数の世界を旅しよう。



字が大きい、絵がたくさん(and きれい)、かなり読みやすいです。

これを読んだら数学(の授業)が好きになる
か、どうかはあやしいですが、1冊の本としておすすめします。

人によっては『内容が薄い、子ども向けって感じ、、、』と
物足りなさを感じるようですが。

掘り下げるならばいくらでも深く深く、、、
ただし、掘るのは本ではなく、それを読んだ自分じゃないかな。


ちなみに、先生が買う本としてもう一つ候補にあげたのが
博士の愛した数式
(私がすでに読んでしまっていたため、“数の悪魔”になりました。)

どちらも数学に触れていますが、
合わせて読むとかなり面白いです。

どうでもいいはなしですが、
数学嫌いな中学生の私が好きだったものは『素数』でした。
孤高の奇数って感じで大好きでした。
(2 は偶数だけどね)
今だって大好き。

数学に胸きゅん。
もう一度勉強できるなら数学、やってみたいです。

そういえば
-1 × -1 = +1 って、どう考えればそうなるんだろう。
いまだに分からないままです。

説明できる方、いらっしゃいませんか?
授業では、公式丸暗記で説明してもらえませんでした。




就職サポートサービス詳細は【就活Dream Entry】へ


★ランキング参加中★順位は変わったかな?★

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

ビバ!通勤読書『クリスマス・テロル』

本日の麹町はとても暖かいです。
春ですね~

就職支援室の権守氏がイチゴ狩りに行ってた日

自分は地元でガッツリお買い物してました。
(無駄遣いしないようにお金少なめにしても、結局おろしちゃうんだよなぁ)


『本でも読んだら~?』と社内の誰かに突っ込まれたのを思い出し、
早速、本屋さんへ。

買った文庫は
クリスマス・テロル―invisible×inventor (講談社文庫)

ジャケット買い的な感覚で買いました。


クリスマス・テロル―invisible×inventor  著:佐藤 友哉
女子中学生・小林冬子。苫小牧から船に乗り、行き着いた先は見知らぬ孤島。いったいここは―後頭部を殴られ小屋に寝かされた冬子は、監視の役目を依頼される。「見る」者と「見られる」者の関係が逆転するとき、事態は一変する。話題をさらった佐藤友哉の問題作ついに文庫化。著者本人による25頁の解説つき。


人の感想・批評はともかく、個人的には好きですね。

ストーリーとか、話題(?)のラストよりも、
第二章 労働者 での会話の部分が印象に残っています。

「仕事ってなんなんだろ~」
「労働の後のコーラって美味しいよねぇ」
などと、ボサッと考えてました。。。

最後まで(なんとも言いがたい「解説」ももちろん)読んで
「仕事ってなんだろ~」
「小説家ってどんな仕事なんだろう~」と
随分昔に通り過ぎた小学生の頃と同じようなことを考えながら、
目的地(会社。麹町)に到着。

分厚くないので、通勤1往復間で読み切れました。



★ランキング参加中★順位は変わったかな?★

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

ヘコんでみる? おすすめサイト【リグレト】

インターネットを積極的に活用するようになって
もうすぐ丸々2年になります。

アンチPC・アンチネット
自宅にPCがなかったこともあり、
あまりPCと仲良くなることはなかったのです。

仕事で使うようになって、
楽しい部分、いい感じな部分もいっぱいみつけました。

さて、
そんな自分がみつけたオススメサイトをご紹介。


リグレト みんなで「ヘコむ」を楽しもう!






どんなサイトかと言うと、
自分が凹んだことを書き込む。

誰かがなぐさめる


なぐさめに対してありがとうを送る
という、シンプルなもの。


なんだかいい感じですよ。
ほんとに。

気になった方はヘコんでみて。




★ランキングはどうなったかなぁ?★

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ